会社概要
Overview

会社名 プランティオ株式会社
代表取締役 CEO 芹澤 孝悦(せりざわ たかよし)
本店所在地 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町11-7 SELON Bld 2F
設立年月日 2015年6月16日
資本金 2億5,532万円
事業内容 IoT/AI、ICTを活用した野菜栽培ガイドシステム(grow)の開発、農と食のあるまちづくりのコンサルティング、growテクノロジーを搭載した都市型農園(スマートコミュニティファーム)の企画/設置/運営、growテクノロジーを搭載したホームユース向けアーバンファーミングサービスの展開、農と食を切り口にした体験コンテンツ/教育プログラム等の企画/開発/運営、企業/自治体/行政向けGX(グリーン・トランスフォーメーション)の支援、企業/自治体/行政向けTCDF/TNFDレポート作成支援
主要取引先 出光興産、NTT東日本、東急不動産株式会社、東急株式会社、三井不動産、三菱地所、フジ・メディア・ホールディングス

チーム
Team

MIsaki Iwasaka
Urban Farmer / 事業共創チーム
岩坂 みさき
世の中のバックステージをのぞき見すべく3PL事業会社にて物流最適化提案を得意としたエンタープライズ営業職として18年勤務。大量生産大量消費社会を支える流通プロセスにおけるフードロスやフードマイレージを目の当たりにする中日々危機感を募らせ、生き方(Life)と仕事(Work)の融合にチャレンジすべくプランティオに漂着。海に浸かり、土の上に寝そべり、美しいものを眺めて過ごす多忙な二児の母を兼務。

好きな野菜:カブ

Urban Farmer / Field Coordinator
岸野 響
青山学院大学在学中。国際社会の共生や持続可能性について、ビジネスや政治、メディアなど、多角的な視点を持って学ぶ学部に在籍しています。出身は岐阜県で、見渡せば360度山しかない小さな町で育ちました。高校ではニュージーランド・ロトルアに留学し、自然が大好きになりました。都会で住んでいると忙しさと自然への恋しさで寂しくなる時もありますが、growのフィールドで野菜や土に触れることでいつも癒されています。

好きな野菜:ピーマン、アスパラガス、芽キャベツ、紫蘇、オクラ...(一つには絞れません!)

Contents Adviser
早川 修
野菜栽培士。PLANTIOの野菜コンテンツ開発をサポート。野菜作りを始めて20年以上。淡路島に移住して農業の傍ら、Website制作や企業や個人のWebsiteのプロデュース&コンサルティング、IT書籍の執筆など、2003年から幅広くIT業界で活躍中。Website制作やマネタイズに関するワークショップの開催、企業主催のセミナー講師の実績あり。1973年8月5日滋賀県生まれ。

好きな野菜:シシトウ

Kosei Makita
Urban Farmer / FIELD Director
牧田 航星
学生時代に農業のアルバイトを複数(野菜、果樹、酪農)経験。未知の世界であった生産現場の大変さを痛感し、消費者が生産現場のことを「未知」のままではいけないという思いを抱く。中央官庁で2年勤務後、アグリテインメントにより「農」を誰にとっても身近なものとするプランティオの取組に共感しジョイン。現在も週末に梨農家の手伝いをしており、農業とアーバンファーミングを「行き来」する生活を送りつつ、これからの食と農のカタチに日々思いを馳せる。趣味は、将棋、温泉旅行、ハンドボール。

好きな野菜:ホウレンソウ

Business Advisor
先名 康明
2016年からMistletoe メンバーとしてPlantioを支援中。ソフトバンク社長室、マイクロソフトマーケティング本部、コンサルティング会社などで事業開発を担当。Grow our ownのコンセプトでみんなで自分たちの食べる野菜を育てていく世界を実現していきたい。

好きな野菜:トマト

Urban Farmer / Co Founder / CEO
芹澤 孝悦
大学卒業後ITのベンチャー企業へ。エンターテインメント系コンテンツのプロデューサーを経て、日本で初めて“プランター”という和製英語を発案・製品を開発し、世に広めた家業であるセロン工業へ。男性から女性に花を贈るフラワーバレンタインプロジェクトの立ち上げや、2012年には業界最大の国際園芸博覧会フロリアードの日本国政府スタッフとして参画。60年前に開発された元祖“プランター”をその当時の熱い開発マインドと共に今の時代にあった形で再定義し、次世代の新しい”人と植物との関りかた”を模索する三代目。

好きな野菜:オクラ

Product Designer
三枝樹 成昭
1966年、愛知県生まれ。筑波大学芸術専門学部デザイン科卒。日本IBM、Lenovo、Dell Tecnologies・各デザインセンターを経て2009年よりフリーランス。名古屋芸術大学デザイン科/講師 Productデザインを基本にUX/UIデザインなどを手がける。新たな視点でヒトとモノと植物の関わりをデザインで表現していきたいです。

好きな野菜:オクラ

共同創業者 / 取締役
藤元 健太郎
コンサルティング会社D4DR代表。1994年に野村総合研究所で日本初のeビジネスの共同実験プロジェクト「サイバービジネスパーク」をプロデュース。これまで多くの大企業のeビジネスの事業開発,マーケティング戦略をてがけ,ベンチャー支援も行う。IoT時代になり植物と人の関わりを変える大きな可能性を芹澤代表と出会うことで確信し共同で創業。日経MJ奔流eビジネス連載中。経済産業省産業構造審議会情報経済分科会委員,青山学院大学大学院ExectiveMBA非常勤講師などを歴任。関東学院大学非常勤講師現任。

好きな野菜:ルッコラ

Urban Farmer / FIELD Director
中牟田 望都
地元九州にて農業法人の設立を目指す福岡県出身。 佐賀大学農学研究科にて、農業技術経営学やミャンマー少数民族の人道支援・限界集落の変容分析に従事。 卒業後、上場企業の営業部・コンサルティング事業部にて営業支援・組織構築・新規開拓を担う。成果主義・成長主義に身を置く中で、価値観が真逆のプランティオと出会い、その価値を確かめるために23年よりjoin。現在は、循環型社会の実現や脱成長主義をテーマに、食と農を通じて人々の意識変容や行動変容に取り組む。

好きな野菜:もやし

Urban Farmer / Web director
田中 利奈
ライター、映像ディレクター、広告系プランナー・Webディレクター、自社WebサービスのPMを経て、2019年にPLANTIOへジョイン。2011年の東日本大震災をきっかけに衣食住に直結する仕事に興味を持ち、いつかは携わってみたいと思っていた。自宅ではベランダでハーブ栽培している程度で、野菜の栽培は超初心者。PLANTIOの提供する「みんなで野菜を育てて食べる」アクティビティを通して自らも学び、野菜を自給自足で育てて食べる世界の実現を目指している。

好きな野菜:ズッキーニ

Urban Farmer / Field Coordinator
髙橋 隆太
武蔵野美術大学在学中。建築学科で2年間設計を専攻した後、同大学クリエイティブイノベーション学科に転科。近年はブロックチェーンを用いた作品を制作している。最近はIslands(2023)をCCBT(渋谷)で展示。一方で地域で人と対話する場づくりに関心を持ち、路上居酒屋「あかじや」を実験的に展開している。

好きな野菜:さつまいも

Urban Farmer / Supporter
門垣 伸哉
野球が苦手な元プロ野球球団職員。上場企業での新規事業開発のキャリアを経て、武蔵野市で野菜を育てながら3つの会社を経営。Wi-Fiを中心とした無線通信技術のビジネス展開や、プロダクトへの活用に関する国内屈指の知見を有する。芹澤の描くビジョンに強く共感し、プランティオの無線通信ネットワークをサポートしている。

好きな野菜:カボチャ

農業デザイナー / 食農教育プロデューサー
南部良太
子どもが生まれ国分寺に住みはじめ、周りに畑が 多いことから農に興味を持ち、農業デザイナーに。市とともに 「こくベジ」を立ち上げ、デザイン・企画・野菜の配達を担当。赤坂見附にある都市農業・食のコミュニティ「東京農村」のディレクション・デザイン・運営を担当。 一般社団法人 M.U.R.A.代表理事。NPO法人めぐるまち国分寺理事。 NPO法人マルイス理事。

好きな野菜 枝豆

Urban Farmer / COO代理
山本 博史
大学院卒業後、リチウムイオン電池システムの開発業務に従事。趣味の野菜づくりがきっかけでPLANTIOに出会う。PLANTIOが手掛ける農×食の世界に惹かれ、2022年5月からJOIN。メカエンジニアの経験を活かして、アグリテイメントを求めるみなさまを足元から支えるべく奮闘中。趣味は野菜づくりの他、海釣り、旅行で、とにかく食べるのが好きな、さいたまのUrban Farmer。

好きな野菜:ハラペーニョ

Urban Farmer / FIELD Director
浅野 裕亮
新卒から5年間、マンションの管理会社で建物の維持管理部門、DX部門に勤務。プランティオの理念や事業に共感し2022年4月からJOIN。「持続可能な食と農のアグリテイメントな世界へ」というVISION達成のため、農園の設置フェーズを担当。自然とキャンプと犬が好き。意外と熱い男。

好きな野菜:キャベツ

Olive Oil Sommelier / Food Coordinator
石井 秀代
2003年から世界各地でメニュー開発や出張料理教室を開催するオリーブオイルソムリエ。イタリアの大手家電メーカーのキッチン家電公式アンバサダー、トップアスリートのトレーニング専属シェフを務める。美容と健康に良いオリーブオイルの特性を活かし、イタリア料理に限定せず、和洋中韓国料理などに取り入れた様々なメニューを開発。その傍ら、ヨーロッパの食文化や地域性の研究を行う。プランティオではフィールドで収穫した旬の野菜を使った料理はもちろん、世界の食文化についても触れるイベントの開催などに携わっている。

好きな野菜:ルッコラ、アボカド、茄子、チーマディラーパ、にんにく

Leo Kominz
CSuO (最高サステナビリティ責任者)
コミンズ・リオ
株式会社SEAMES代表。プランティオ株式会社CSuO。米国オレゴン州生まれ。大学在学中に大学生専門の音楽レコーディングスタジオ「ERL Studio」を立ち上げ運営。テレビ局勤務を経て、世界の12の都市に1ヶ月ずつ滞在し、出会った人に同じ12の質問をインタビューする企画「World in Twelve」実行。その後、制作会社を立ち上げ、様々な映像・音楽・イベント企画を実行のち現職。2023年4月からPlantio参画。ツイッター・インスタ・TikTokフォロワー数累計0人。日々の原動力は好奇心、多種多様な分野における自他共に認める重度なオタク性質。 好きな野菜:毎年年末に脳内で繰り広げられる「好きな野菜選手権」では大根・玉ねぎが3年連続ずつ優勝して殿堂入りを果たしたので、今年は混戦になる模様。オッズを見る限り、ブロッコリー本命、ケール対抗、ジャンボマッシュルーム大穴(菌類なので参加可能か未定)。 
HIroyuki Murai
Urban Farmer / CFO
村井 洋元
新潟県出身。2008年早稲田大学商学部卒業。上場企業でグループ全体の経理、子会社の経営企画等を担い、その後上場準備企業で上場準備、スタートアップで管理部門の立ち上げや資金調達等を担い、 2020年3月より当社に参画。現在は地元新潟にUターンし独立。新潟と東京の2拠点生活を送りながら、複数のスタートアップの支援を行う。繁忙期には叔父叔母の農業の手伝いも行う。

好きな野菜:レタス

Urban Farmer / Field Coordinator
三浦 匠吾
東京都三鷹市で育ち、高校卒業後北米ワシントン州の大学で文化人類学を専攻、卒業。在米時、食と文化を取り巻く環境に惹かれ、コロナウイルスによる帰国後、千葉県いすみ市のブラウンズフィールドにて料理研究家の中島デコ、環境活動家の岡本よりたかに師事。現在は同市内で家族と半時給的生活を送りながら自宅に海外の人々を受け入れている。

好きな野菜料理:ピーマン素焼きと茄子の揚げ浸し

Urban Farmer / HW開発責任者
日野原 錦
家電大手SONY、ベンチャー企業WHILLでの電気エンジニア経験を経て、2020年にPLANTIOへ参画。デジカメやスマホ、次世代電動車いすなどの開発を手がけた経験を持つ。島根の自然豊かな環境で生まれ育ち、生活を豊かにする家電製品に魅せられモノづくりの世界に没頭する。2018年の第一子の誕生をきっかけに、自然に触れる文化を大切にしようと野菜作りを始め、現在は人と自然をつなぐ "優しいテクノロジー" の開発を目指す。

好きな野菜:みょうが

Kohei Saeki
Product Manager
佐伯 航平
1990年、埼玉県生まれ。大学ではプロダクトデザインを専攻。株式会社サイバーエージェントに新卒入社し、ソフトウェアエンジニアとしてソーシャルゲーム等の開発に従事。後に株式会社メルカリに入社。ソフトウェアエンジニアとして開発を経て、プロダクトマネージャーに。プロダクトマネジメント、マーケティング、グロースを得意とする。「持続可能な食と農をアグリテイメントな世界へ」というビジョンに共感してPLANTIOに参画。千葉県一宮町にサーフィン移住し、自身の畑でさまざまな野菜を育てながら暮らしている。

好きな野菜:ホウレンソウ

Urban Farmer / Field Coordinator
池田 有沙
立教大学在学中。農業経済学ゼミナールに所属し、持続可能な食と農に関する研究を行っている。料理好きな父の影響を受け、幼少期から台所に立ち、家族とたのしく食卓を囲んできた。“たのしく食べる“だけでなく“たのしく育てる“体験に魅力を感じ、PLANTIOへジョイン。ストレス解消法はにんじんの千切り。ストレス解消後、美味しく調理できるので一石二鳥。

好きな野菜:かぼちゃ、さつまいも、にんじん、とうもろこし

Urban Farmer / 顧問
齊藤 太一
造園家・グリーンディレクター。 ランドスケープやインドアグリーンのデザインを行うSOLSO、SOLSO FARMなどを運営するDAISHIZENの代表。 話題の商業施設や建築家とのコラボレーションを数多く手がけている。 2018年に自身のキャリア20周年を迎え造園家、農家としてもあらたなキャリアをスタートし活動の場を広げている。

好きな野菜:キュウリ

Shinji Otsuka
Urban Farmer / 社外CTO
大塚 伸司
1973年生まれ。群馬県出身。テクノブレイブ株式会社所属。肩書は、おもしろビジネス提案局局長。幼少よりピアノ、吹奏楽と経験した後、高校~大学ではベーシストとしてバンド活動に没頭。フリーランスのベース講師、音楽制作者として活動の後、株式会社インデックスに入社。CEOである芹澤氏と出会う。着信メロディに関わる様々なコンテンツ開発を経験し、その後は大手出版社やゲーム会社にてデジタルコンテンツやソーシャルゲーム等の企画、開発に携わる。芹澤氏のビジョンに共感し、会社間での業務資本提携を経て社外CTOとして参画。

好きな野菜:ピーマン

Aiko Sasamoto
Urban Farmer / FIELD Director
笹本 愛子
大学院にて農業経済学専攻後、NPOにてフィリピンでの農業マイクロファイナンス開発、日本でのファンドレイジングに従事。その後コンサルティングファームにて、日本企業の新興国・開発途上国への進出支援や、サステナビリティ経営戦略策定に携わり、現職に至る。「農×脱炭素」をテーマに、人にも環境にも社会にも優しい農を目指す。

好きな野菜:ケール

Urban Farmer / Coordinator
小川 巧祐
日本一周とアメリカ横断をきっかけに、出会いの奇跡を学ぶ。 人やビジネスの可能性を見出すことを得意とし、それを連結し変化を起こす事を使命とする。 保険業を通して様々なリスクと向き合う中で芹澤の描く世界観に共感。 日本から世界の「農」にパラダイムシフトを起こすためPLANTIOに参画。 「命と愛を繋ぐ食」の構築を理念に掲げ 再生可能エネルギーとの架け橋となり持続可能な社会を目指す。

好きな野菜:スナップエンドウ

CDO(Chief Design Officer)
山崎 和彦
武蔵野美術大学教授。京都工芸繊維大学卒業、博士(芸術工学)。2003年日本IBM(株) UXデザインセンター・マネージャー(技術理事)ThinkPadシリーズなどのデザインを手がける。iF賞、IDEA賞 など国際的なデザイン受賞多数。“人と植物の関わり”をリデザインすることを目標としている。

好きな野菜:キュウリ

Ryosuke Noguchi
Urban Farmer / 事業共創チーム
野口 亮祐
水産系大学院修了後、水産専門コンサルティング会社に約9年間従事。その後、農業系ベンチャーに移籍し、ベトナムのハノイで無農薬・無化学肥料栽培をコンセプトとした農園立ち上げに参画。日本の第一次産業の課題の一つとして、生産者と消費者との距離が離れていることを痛感し、その解決の方向性として食育や体験事業が重要だと考えていた。そうした中で、「アグリテイメント」を掲げ、農的活動を楽しむ取り組みをしているプランティオと出会い、2023年4月から参画。自身でも耕作放棄地を整備しながら野菜栽培を行っている。

好きな野菜:丸オクラ

Urban Farmer / Field Coordinator
澤野 真利子
2歳と7歳の子どもを持つママコーディネーター。 アロマ・ハーブコーディネーターの知識を活かし、自然の力を無理なく生活に取り入れる暮らしを目指している。 海外で妊娠・出産・子育てを経験したことから、自分や子どもの身体を作る食材の安全性を気にかけるようになり、日本では安心安全なお野菜が手に入る環境に恵まれていることに気づく。そのことがきっかけとなり、自身でお野菜を作ることに興味を持ちPLANTIOへジョイン。

好きな野菜:トマト。

Tetsuro Kubota
PR・Digital Marketing
久保田 徹朗
1996年生まれ。NPO法人Learning for All 広報・資金調達部門でキャンペーン・イベントのプランニング業務に従事し、250名以上のサポーターを獲得。その後、株式会社CAMPFIRE でクラウドファンディングの企画・戦略のプランニング業務に従事し、600 件以上のプロジェクトを支援 (合計流通金額5億円以上) 。現在は ENGINE を設立し、 社会課題の解決に本気で挑む組織の戦略からクリエイティブ制作まで一貫した「統合プランニング」を提供。2023年4月からプランティオ株式会社に参画し、広報・デジタルマーケティング領域を担当。

好きな野菜:ナス

共同創業者 / 取締役
孫 泰蔵
日本の連続起業家。次世代の問題解決に取り組む起業家の育成、スタートアップへの投資、共同創業を通じて、日本、そして世界の人々のライフスタイルをより良くしたいと志す。 東京大学在学中の1996年Yahoo! JAPANの立ち上げに参画し、コンテンツ制作、サービス運営をサポートするインディゴ株式会社を設立、代表取締役に就任。1998年 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の前身となる、オンセール株式会社の設立に参画、代表取締役に就任。2009年 スタートアップ・アクセラレータMOVIDA JAPAN株式会社を設立、代表取締役CEOに就任。2013年Mistletoe株式会社を設立し、起業家の育成、ベンチャー企業への投資、スタートアップ・エコシステムの形成・発展に向け活動を開始。
Urban Farmer / Field Coordinator
武市 愛夢
東京農業大学在学中。都心部で生まれ育ち、本来は食べることと密接に結びついているはずの農を知る機会がない幼少期を過ごした経験から「食べることと農をつなげたい」と思い、同じ理念を掲げるPLANTIOへジョイン。東京の農家巡りや八百屋でアルバイトをするなど、日々、東京で農業を感じ学ぶ活動をしている。将来の夢は、さつまいものように甘く太い芯をもった大人になること。

好きな野菜:さつまいも、トマト

Designer
熊谷 朱美
1990年、愛知県名古屋市生まれ。大学卒業後、株式会社デンソーに入社。オープンイノベーション推進を行う部署にて様々なスタートアップに出会うなか、企業ブランドのわかりやすさ・デザイン力を上げもっと多くの人に知ってもらえれば、実現したい社会づくりがより加速すると信じ、独学でデザインを磨き始める。その後退職し、Mistletoe株式会社(現Mistletoe Japan合同会社)に転職。現在は独立し、「わかりやすく美しい」デザインを信念に、スタートアップのクリエイティブ全般を行う。

好きな野菜:アスパラガス

パートナー
Partners

メディア掲載実績
Press

農園設置を
ご検討の方へ